read

オウンドメディアマーケティングを成功させるには? 【後半】

By Hiroki Teruya

前半はオウンドメディアを立ち上げる理由やトリプルメディアからオウンドメディアの重要性などをご紹介しました。
ここでは、オウンドメディアの役割や種類についてご紹介します。

 

オウンドメディアの役割

1. 自社で有益な情報を発信し続けることで、自社(商品)の価値を高めることができる。
2. 自社のお客様や取引先、未来のお客様との関係を構築することができる。
3. ペイドメディアやアーンドメディアの中継メディアとして情報の交通整理をすることができる。

 

オウンドメディアマーケティングを成功させる3つの視点

1. なぜ、オウンドメディアを立ち上げるのか?(目的の明確化)
2. そのオウンドメディアは誰のためか?(ペルソナターゲットの明確化)
3. その人にとって、魅力的な情報とは何か?(インサイトを捉えたコンテンツ企画)

 

オウンドメディアマーケティングの事例

新規顧客開拓をしたい場合

集客を目的とするならば、あなたのお客様をイメージしてください。
その方は何に困ってますか?
その困っていることを解決する方法を教えてください。

その解決方法がオウンドメディアのテーマとコンテンツになります。

例えば、リフォーム屋さんがオウンドメディアを立ち上げるケースを考えてみましょう。

獲得したい顧客層は、キッチンリフォームを考えている40代の奥様。
オウンドメディアのテーマは、家族と会話が弾む、キッチンリフォーム術。
コンテンツ:背中を見せて料理をせずに、家族と顔を合わせることができる目線の高さや導線設計の大切さ、カウンターキッチンの魅力を伝えるコンテンツを用意。

キッチンもお風呂も、外壁も、屋根もエクステリアも何もかもやってまーすというオウンドメディアよりも、獲得したいターゲット層を明確にし、その方が欲しい情報を提供することで、新規顧客を獲得することが可能です。
SEO的にも、ターゲット、オウンドメディアのテーマを絞ることは重要です。

採用力を強化したい場合

オウンドメディアマーケティングで結果が出やすいのが、実は採用サイトの構築です。
会社の公式サイトでは、伝わらない、大手採用媒体では、情報が少ない。
そんなときに、採用に特化した採用サイトが求職者に対して魅力を発信するツールとして活躍します。

会社の未来や、働きがい、働く先輩たちの生の声や写真、どういうキャリアパスを描けるのかなど、求職者にとっては知りたい情報を、魅力あるデザイン、コンテンツで訴求することが可能です。

大手採用媒体と組み合わせたり、合同採用セミナー、会社説明会などで配布する採用パンフレットとキャッチコピーやデザインを統一することで、採用ブランドを構築することが可能です。

採用ブランディングについての記事はこちら。

 

まとめ

オウンドメディアマーケティングを成功させるには、
1. 目的を明確にする
2. ターゲットを明確にする
3. ターゲットの不安や不満を解決するコンテンツを発信する

自社のオウンドメディアマーケティングをはじめましょう!

Tags: WEBサイト制作, オウンドメディア, インバウンドマーケティング, ペルソナ, オウンドメディア, WEBサイトリニューアル

【限定公開】インスタをブランディングに利用しよう!基礎編(前半)

こんにちは、BrandBuddyz合同会社の照屋です。この動画は特典動画になります。BrandBuddyz-Online Schoolで有料で販売しておますが、みなさんの事業反映にお役立つことができればと思い、期間限定の無料プレゼントとなります。インスタをブランディングに活用する為の戦略をみにつけて、早速実践してみましょう!

インスタをブランディングに利用しよう!基礎編(前半) (1)-1