Less than a minute read

知らないとやばい、ユーザー消費行動モデルの変化とは

Hiroki Teruya By Hiroki Teruya
知らないとやばい、ユーザー消費行動モデルの変化とは

アイドマは基本だけど進化している

スマホの普及、SNSが日常生活に浸透するなか、消費者の行動も変化しています。

AISCEAS、AIDA、SIPSのフレームワークを紹介します。

 

テレビ全盛期

AIDMA(アイドマ)モデル

  • Attention (注意)
  • Interest(興味関心)
  • Desire(欲求)
  • Memory (記憶)
  • Action (行動)

例:テレビで車のCMを見て、覚えておいて、日曜日に店舗へ行って試乗する。

 

検索全盛期

アイシアス(AISCEAS)、アイダ(AIDA)モデル、AISAS(アイサス 電通商標登録)モデルなど。概念はほぼ同じで、ここでは、AIDA,AISASの詳細は省きます。

アイシアス(AISCEAS)

  • Attention (注意)
  • Interest(興味関心)
  • Search (検索)
  • Comparison (比較)
  • Examination (検討)
  • Action (購買)
  • Share (情報共有)

例①:テレビでダイソンのCMを見て、興味を持ち、検索。他の掃除機と比べて良さそうだし、口コミも良かったので購入。実際に良いものだったので、facebookで情報共有。

例②:業界紙に社員満足度向上を手掛けるA社の記事が載っていた。ちょうど考えていたためA社と、検索して探した同業他社B社C社からも提案をもらい、検討の結果、B社を導入。B社の提案通り施策を実施したら大成功だったので、友人の社長にも紹介したいので、facebookでシェアをした。

今?

 

SNS全盛期

SIPS(シップス)モデル

  • Sympathize(共感する)
  • Identify(確認する)
  • Participate(参加する)
  • Share & Spread(共有・拡散する)

 

例:商品ブランドなど友人などのレビューを見て共感し、購買を検討。さらに、一度自分で確認し、購入や応援、伝道者として参加し、共有、拡散する

図表出典:電通「SHIPS:来るべきソーシャルメディア時代の新しい生活者消費行動モデル概念」

http://www.dentsu.co.jp/sips/

 

まとめ

時代とともに、ユーザーの消費行動は変化。

企業の一方的なマスマーケティングにおける情報発信では、通用しなくなった。

ソーシャル時代では「共感」し、身近な人から支持を得られるかがポイントになる。

Related Articles

カスタマージャーニーマップの作り方【後半】

( Less than a minute read )

Tags: ブランディング, マーケティング

カスタマージャーニーマップの作り方【前半】

( Less than a minute read )

Tags: ブランディング, マーケティング

カスタマージャーニーマップを作ろう!(観光編)

( 1 min read )

Tags: ブランディング, マーケティング

ジャーニーマップをダウンロード!

オンラインとオフラインでメディア戦略を立てるときにご利用ください。