Less than a minute read

オウンドメディアマーケティング【ゴール設定編】

Hiroki Teruya By Hiroki Teruya
オウンドメディアマーケティング【ゴール設定編】

オウンドメディアマーケティングの4STEP

オウンドメディアマーケティングのステップ1、ゴールの設定、目標設定にフォーカスしてご紹介します。

目的や目標、ゴールといろいろな概念があると思いますが、ここでは分かり易く、オウンドメディアを構築するうえで、成し遂げたいこと中期目標を「ゴール」、1年以内の短期目標を「目標」と定義したいと思います。

ご存知の方もいると思いますが、ゴール設定、目標設定をするうえで役立つツール、「SMART」な法則をご紹介します。

SMARTの法則とは?

  • Specific:具体的
  • Measurable:測定可能な数値目標
  • Achievable:達成が可能である
  • Relevant:上位目的と合致する
  • Time Bound:期限が設定されている

 

SMARTの法則の事例

3年後売上30億を実現する為、2017年3月末までに、リード獲得○件、CV率○%を達成する。

<SMARTの法則を活用するメリット>

  • いつまでに、何をすべきかが明確になる為、曖昧さを排除できる。
  • 勢いと希望的観測だけの、非現実的な目標な目標設定にはならない。
  • 会社のビジョンや中期経営計画の実現などの目的からブレない。
  • いつまでにやるかとケツが決まるので、具体的なアクションプランをつくれる。
  • 会議の議論においえて、論点がブレない。
  • 部下の指導やコーチングで使える。

 

まとめ

オウンドメディアを構築するうえで、SMARTな法則を活用したゴール設定、目標設定について、ご紹介しましたが、オウンドメディアを構築する目的によって、ゴールも、目標設定も変っていくと思います。

例えば、会社の信頼性、ブランド価値を訴求したいという目的と、集客したいとでは、オウンドメディアの役割とコンテンツの内容も異なってきます。

ブランド価値を高める為には、公式サイト。集客力を上げる為には集客特化型サイトのサテライトサイトという具合に。

目的と役割が明確になってはじめて、効果測定も意味があるものになると思います。

複数の事業を行っている会社が、公式サイトをつくったのに、反響がないようーって嘆くのは、当然のことです。

オウンドメディアマーケティングを成功させる為には、何を成し遂げたいのかとゴールを設定し、ペルソナを設計し、キーワードマーケティングを行い、コンテンツを制作する。

ゴールとペルソナによって、オウンドメディアは複数所有する時代です。

あなたが、上司や関連部署から「Webで成果が出てないじゃん」「仕事してないんじゃないの!」と罵声をあびせられた時は、SMARTに論破してください。

次回はSTEP2ペルソナ設計を掘り下げてノウハウをご紹介します。

Related Articles

オウンドメディアマーケティング【コンテンツ編】

( Less than a minute read )

Tags: マーケティング

オウンドメディアマーケティング【ペルソナ設計編】

( 1 min read )

Tags: ブランディング, マーケティング

オウンドメディアマーケティング【キーワード編】

( 1 min read )

Tags: マーケティング

ジャーニーマップをダウンロード!

オンラインとオフラインでメディア戦略を立てるときにご利用ください。