read

民泊・民宿集客のカギはホームページ?持つべき理由やメリットを紹介

By Narumi Kyan

宿情報サイト掲載では不十分?

スマートフォンを利用する人が増え、多くの人が手軽にインターネットを活用できる今の時代、

宿泊先を見つけるのもネット検索が主な方法になっています。

そこで集客のカギを握る のが宿の公式ホームページです!その重要性やメリットを解説します。

民泊・民宿集客のカギはホームページ?持つべき理由やメリットを紹介1

ホームページも持つべき理由 公式ホームページをまだ持っていない方の中には、

「宿情報サイトに掲載しているからホームページは必要ない」

と考える人もいるかもしれませんね。

でも実際には、公式ホームページこそ集客効果をあげるためのカギを握っています。

近年スマートフォン利用者の増加とともに、

インターネットで情報を集めることが日常になっている多くの人にとって、

公式ホームページをチェックすることは当たり前になりつつあります。

 

なぜなら、インターネットに情報があふれ、

簡単に調べられるようになっているからこそ、

より信頼度の高い情報を探そうとする傾向があるからです。

 

民宿を探している人も同様です。

情報サイトに詳細情報が無かったり、掲載情報が最新なのか不安に感じたりするとき、

必ずと言っていいほど、宿の公式ホームページを確認したうえで宿泊するか判断します。

予約の最終決定を公式ホームページが後押しするといっても過言ではないのです。

 

まだまだある!民泊がホームページを作るメリット

民泊・民宿集客のカギはホームページ?持つべき理由やメリットを紹介2

民泊や民宿がホームページを持つべき理由は他にもあります。

 

1.オーナー自身が宿のイメージを創れる

宿掲載サイトの多くは口コミも掲載されますが、

その口コミだけで宿のイメージが作られて しまうのを防ぐためにも、

公式ホームページは重要です。

宿を探している方のほとんどは、実際に宿泊した人の口コミも参考にしながら、

宿の雰囲気やサービスについて知ろうとします。

 

そこで公式ホームページが無い場合、

良くも悪くも口 コミだけで宿のイメージが決まり、

宿泊の判断基準にされてしまうでしょう。

宿の本当の魅力を伝えることが出来るのは、宿のオーナー自身ではないでしょうか。

自身の宿に対するポジティブなイメージを保つためにもホームページは不可欠です。

 

2.ホームページ経由で宿泊者を獲得できる

宿を探している人すべてが、情報サイトを利用するわけではありません。

検索エンジンから直接「地名・民泊」「宿泊条件・民宿」といった具合に、

キーワードでリ サーチする人もいることでしょう。

情報サイト掲載に加えて公式ホームページも併せ持つなら、

これまで逃していたかもしれない見込み客を獲得できるチャンスが広がります。

 

また大手の宿泊施設に比べて、

公式ホームページを持つ民宿や民泊はまだまだ少ない状況で す。

早いうちからホームページを持つなら、

認知度や集客面で競合施設よりも優位になれる 可能性も秘めているのです。

 

3.宿のルールを明記することで近隣トラブルを防げる

民宿や民泊の多くは住宅に囲まれた立地にあります。

そのため宿泊者のマナーや騒音などが 原因で、

近隣住民とトラブルに発展するケースも珍しくありません。

 

近隣とのトラブルを回避するために、

オーナーは民泊を利用するうえでのルールを、

宿泊利用者に前もって理解してもらう必要があります。

しかし宿情報サイトは掲載できる情報量が限られるため、

事細かにルールを明記するのが難 しい場合があります。

また基本的にページレイアウトも決まっているので、

注意事項が目立 ちにいレイアウトだと、

宿泊利用者が記載を見落とすことも考えらるでしょう。

 

公式ホームページなら、レイアウトも自由に決めることができますし、

利用上のルールや注 意点なども詳しく記載できるので、

トラブル抑止にも効果的です。

 

集客につながるホームページのカギは「おもてなし」

民泊・民宿集客のカギはホームページ?持つべき理由やメリットを紹介3

もちろん、ただホームページを作れば集客につながるというわけではありません。

実はホームページも宿の接客と同じように、おもてなしの気持ちがカギになるのです。

お客様の目線に立って考えられたホームページというものは、相手に伝わります。

例えば「どんな情報があると役立つか」という視点で考えた時、

ホームページを訪ねる人の多くは、

より詳しい情報を求めていることを想像できるでしょう。

宿掲載サイトでは十分に伝えきれない宿の詳細情報や、

雰囲気が伝わる写真・動画をホーム ページに掲載するなら、

ページを訪れた人は良い印象を持ちます。

 

さらに宿自体の情報だけでなく、

周辺エリアのおすすめスポットを掲載するのもおすすめで す。

土地勘の無い宿泊者にとってはありがたい情報ですし、

見どころが分かるとその場所を訪ねてみたいという気持ちを盛り上げられるからです。

 

「どんなホームページだと見やすいか」という視点で考えることも欠かせません。

問い合わせ先が分かりやすいことや、適正サイズの文字で文章が読みやすいこと、

知りたい 情報がすぐ見つけられるレイアウトを意識したホームページは、

好印象になります。またモバイル端末で宿を探す人も増えているので、

スマホ対応のホームページにすることも 重要です。

おもてなしの気持ちをホームページを通して伝えることが、

「この宿に泊まってみたい」と 相手の心を動かし集客につながるのです。

 

でも民泊を経営しているオーナー様の中には、

「ホームページを持ちたいけど何をしたらいいか分からない」

「宿の経営で手一杯で高額な費用をかけられない」

という悩みを持つ人もいるのではないでしょうか。

 

BrandBuddyz合同会社は、

沖縄の個人事業主の方々を応援したいとの思いから、

格安でホー ムページ制作・サイト更新業務を代行するサービス

「Beeデジタル!」をリリースしまし た。

初期費用は不要で月額5500円からホームページを持つことが可能です。

 

Beeデジタル!についての詳細はこちらからご覧ください。

Tags: WEBサイト制作, ソーシャルメディア, ホームページ, 観光, オウンドメディア, WEBサイトリニューアル

【限定公開】インスタをブランディングに利用しよう!基礎編(前半)

こんにちは、BrandBuddyz合同会社の照屋です。この動画は特典動画になります。BrandBuddyz-Online Schoolで有料で販売しておますが、みなさんの事業反映にお役立つことができればと思い、期間限定の無料プレゼントとなります。インスタをブランディングに活用する為の戦略をみにつけて、早速実践してみましょう!

インスタをブランディングに利用しよう!基礎編(前半) (1)-1