1 min read

従来のPRとデジタルPRの違い

Hiroki Teruya By Hiroki Teruya
従来のPRとデジタルPRの違い

海外のデジタルブランディングに関する最新の情報を共有します。

ブランドバディーズのバイリンガルスタッフが、翻訳しましたので共有します。

この記事は、DIGITAL BRANDING INSTITUTEの記事を日本語に訳したものです。

参照:https://digitalbrandinginstitute.com/digital-pr-traditional-pr/

 

全てのPRが同じと誤解されている方が多くいます。

デジタルPRと従来のPRの両方をあなたのブランドに活用する方法と、それらの違いを知りたい方はお読みください。

 

デジタルPRと従来のPRの共通点とは?

デジタルPRと従来のPRの役割は同じです。

しかし、それらがまったく同じであるということではありません。

 

どちらのPRも

ブランドの認知度を高め

ブランドをうまくポジショニングする

ポジティブなメッセージを広め

適切な客層に届くことに役立ちます。

 

しかし、デジタルの発展によって

PRの世界は過去10年ほどで劇的に変化しています。

現在、デジタルマーケティングは

ブランドアウトリーチの重要な部分です。

オンラインコミュニケーションは

様々なレベルでの日常生活の基本となっています。

 

デジタルPRと従来のPRの違いは?

デジタルPRと従来のPR、この2種類のPRには多くの違いがあります。

その違いを分解して考えてみます。

 

ひとつの最大の違いは、デジタルPRはソロアクトです。

デジタルブランディング戦略全体の有効な部分である必要があります。

一方、従来のPRはそうではありません。

 

最大の違いのいくつかを見てみましょう。

 

従来のPRにはできなくて、デジタルPRにできることとは?

デジタルPRは大きなパズルのピースのようです。

SEO、インバウンドマーケティング、コンテンツ戦略などの幅広いオンライン戦略に適合する必要があります。

 

従来のPRは、SEOや検索ランキングの向上などに役立ちません。

それに対して、デジタルPRはビジネスのデジタルパフォーマンスとビジネス全体を向上させます。

 

優れたデジタルPRは、より高い権限のドメインから高品質のバックリンクを獲得するのに役立ちます。

また、コンテンツの出力を活用して、使用可能な販売ファネルを構築するのにも役立ちます。

これにより、PPCキャンペーンの価値を高め、ソーシャルメディアを最大限に活用することができます。

 

メッセージングの検討

デジタルPRのメッセージの配信方法は従来のPRよりも劣る場合があります。

たとえば、従来のPRでは、立ち上げている内容について明確なメッセージをメディアアウトレットに送信する必要があります。

 

デジタルPRは、インフルエンサーやその他のソーシャルメディアパーソナリティとの共同作業が含まれる場合があります。

多くの場合、視聴者の興味を引く主題に関するコンテンツを作成し、ブランドや製品を結び付けます。

 

デジタルPRコンテンツは、もっと賢く利用する必要がありますが、従来のPRはずっと単純です。

従来のPRが公然と販売に向いています。

 

ただし、従来のPRは、デジタルPRとは異なります。

デジタルPRは、多くの場合、従来のPRよりも共有しやすく、会話の一部のようです。

 

相互作用:デジタルPRと従来のPR

従来のPRは、実際にはインタラクティブではありません。

たとえば、従来のPRには新発売の詳細を記した業界紙のプレスリリースが含まれます。

メッセージは送れますが、リアルタイムの対話のための直接的なウィンドウではありません。

 

デジタルPRは違います。

あなたとあなたの聴衆との間の障壁を取り除き、即座のフィードバックとエンゲージメントを可能にします。

たとえば、新しいローンチをツイートすると、ファンはあなたに返信して、すぐにツイートを共有できます。

 

また、従来のPRでは、1回のプレスリリースまたはインタビューの範囲が制限されています。

ソーシャルメディアでは、すぐにコンテンツに「いいね」をし、共有し、再利用できます。

これは、余分なリソースを費やすことなく、意図したよりも多くの人にリーチできる可能性があることを意味します。

 

トレードの秘訣

デジタルPRと従来のPRはそれぞれ違うチャンネルとツールを使用します。

たとえば、従来のPRは通常、一般報道、印刷出版物、ラジオ、テレビなどのチャンネルに焦点を当てています。

 

長年にわたり、これが唯一のPRでした。

しかし、デジタル時代でそれは大きく変化しました。

デジタルPRは

  • ブログ
  • ビデオブログ
  • ソーシャルメディアプラットフォーム
  • インフルエンサーコラボレーション
  • オンラインニュース
  • ビデオプラットフォーム

に焦点を当てています。

 

ご覧のとおり、それぞれのPRには独自のツールとプラットフォームがあります。

それぞれに利点があり、それぞれの課題を提起して機能します。

 

多くの場合、デジタルPRを正しく行うには、ツールを使用する必要があります。

これには、SEOソフトウェア、Webサイト分析、ソーシャルメディアツールなどが含まれます。

 

成功を測定する

これがそれぞれのPRの大きな違いの一つです。

正しく行えば、実際にデジタルPRの取り組みの直接的な指標を見ることができます。

それにより、どれほど成功しているかを正確に把握することができます。

このように指標を把握できます。

  • 印象
  • クリックスルー率
  • ユーザーがコンテンツに費やす時間
  • ソーシャルシェア
  • 売り上げ

 

これらによって、キャンペーンの正確な成功に関する強力な見通しができます。

 

従来のPRの限界

従来のPRはこれらのことができません。

企業が長年行ってきた従来のPRのコストを測定する主な方法は、AVE(広告価値相当)を測定することです。

これを行うために、記事のスペースが測定され、出版物の広告レート表に従ってそのスペースがどれだけの価値があるかと比較されます。

これは昔ながらの手法であり、デジタルPRキャンペーンから追跡できる微妙な情報はほとんど得られません。

デジタルPRキャンペーン指標を十分追跡すれば、ROIを簡単に計算し、ブランドに効果があるものとそうでないものを把握できます。

 

あなたのビジネスは従来のPRとデジタルPRのどちら?

ほぼすべての企業が、一貫したPRアプローチから利益を得ることができます。それぞれのPRに利点があり、問題を提示します。ほんとんどの場合、企業はそれぞれのPRを利用することで利益を得ることができます。

 

予算がある場合は、デジタルPRと従来のPRの両方を組み合わせて、すべての拠点をカバーし、最大限の露出が可能です。

 

こちらで、デジタルおよび従来の広告方法の長所と短所について詳しく知ることができます。

[embedyt] https://www.youtube.com/watch?v=fUP5jrE4Hgg[/embedyt]

 

PRは現代のビジネスでは不可欠

世界がデジタル化され、ますますデジタルに絡み合うようになると、強力なデジタルPR戦略が必ず必要になります。

実際、多くの従来のPR機関はそれを認識し、デジタルPR移行し始めています。

 

デジタルPRは、エンゲージメントを高める素晴らしい方法です。

単に発言するのではなく、会話を生むからです。

また、非常に重要なこととして、デジタルPRでパフォーマンスとROIを測定できます。

 

デジタルPRは、ブランド全体のデジタル戦略の1つの側面にすぎないことを忘れないでください。

デジタルブランド全体の強化に大きな役割を果たします。

ほとんどの企業はデジタルプレゼンスを改善しようとしているため、このPRを見逃せません。

 

結論:デジタルPRと従来のPR

最終的に、ブランド認知度を高めるには、両方の種類のPRが必要です。

ただし、デジタルPRと従来のPRは同じではないことを理解することが重要です。

それらは互換性がなく、それぞれが多くの異なるものを提供します。

 

視聴者によっては、別の方に視点を当てたい場合もあります。多くの企業が流行に頼って流行らせようとしていますが、ちゃんと戦略的に行う必要があります。

 

たとえば、たとえば、TikTokはソーシャルメディアプラットフォームとして今爆発的に人気が向上していますが、デジタルPRに含める必要はないかもしれません。理想的なターゲットが若いなら、いいかもしれません。

 

しかし、ターゲットオーディエンスの年齢が高い場合は、テレビやラジオなどの従来のPRルートがビジネスに適している可能性があります。

 

多くの場合、両方の戦略的な組み合わせはほとんどの企業に適しています

Related Articles

デジタルブランディングとは(可視性と信頼性)

( Less than a minute read )

Tags: ブランディング

デジタルブランディングとは

( 1 min read )

Tags: ブランディング

デジタルブランディングにスマホ動画は有効?

( Less than a minute read )

Tags: ブランディング, マーケティング

ジャーニーマップをダウンロード!

オンラインとオフラインでメディア戦略を立てるときにご利用ください。