1 min read

沖縄でホームページ制作をして集患する方法(小児科編)

Narumi Kyan By Narumi Kyan
沖縄でホームページ制作をして集患する方法(小児科編)

「良い小児科を見つける」これは世の親の永遠の課題。

というと大袈裟かもしれませんが、

それくらいかかりつけの小児科を選ぶのは大切な仕事だと思います。

私の友達にも、育て奮闘中のママさんがいますが、

「子供はしょっちゅう風邪をひいたり、なかなか治らなくて、

苦労することが多い。」と言っていました。

 

しかもお子さんが何人かいる家庭では、

一度ウイルスをもらってくると別の子に移してしまうので、

しばらくはずっと病院通いということもあるそうです。

 

いやー。大変です。

子供が小さい頃はよくお世話になる小児科だからこそ、

きちんとかかりつけ医を決めておく必要がありますね。

 

では、そんな悩めるママさん達からの信頼得て、

かかりつけ医の立場を獲得するために、

沖縄県の小児科ができることはなにがあるでしょうか。

 

実は、小児科もホームページ制作を行う必要があるんです。

 

小児科に求められること

 

現代の小児科に求められていることは、

子供に恐怖心を与えない優しい先生であることや、

確かな腕があることに加え、ホームページ制作をおこない、

インターネット上で露出することです。

 

「小児科なのになんでホームページが必要なの?」

と感じるかもしれませんね。

 

では、現代がデジタル時代に突入したことがよくわかる、

次のデータをご覧ください 。

沖縄でホームページ制作をして集患する方法(小児科編)1

参照:Ubersuggest

沖縄でホームページ制作をして集患する方法(小児科編)2参照:Ubersuggest

沖縄でホームページ制作をして集患する方法(小児科編)9

参照:Ubersuggest

沖縄でホームページ制作をして集患する方法(小児科編)3

参照:Ubersuggest

 

このデータは1ヶ月のうちに、

どれだけキーワードが検索されているかを知ることができるものです。

 

知りたいことに関連する複数のキーワードのことを、

『ロングテールキーワード』と言います。

 

「手足口病皮膚科小児科どっち」 = 480

「溶連菌小児科」 = 170

「マイコプラズマ小児科」 = 110

 

さらに、「小児科 那覇市」など、周辺検索するニーズもあります。

 

「小児科那覇市」 = 170

 

このように、小児科に関連するキーワードは色々あり、

そのキーワードを掛け合わせて、

ロングテールキーワードで検索している人が多い。

ということがよくわかります。 

 

ということはやはり、

インターネット上つまりホームページで、

どれだけ親の皆さんが検索するキーワードで露出することができるか、

ということが、ポイントということになります。

 

検索ユーザーの行動パターン

沖縄でホームページ制作をして集患する方法(小児科編)4

さらに、

ロングテールキーワード検索するユーザーの行動パターンは、

次のような形が予想されます 。

 

1.知りたいキーワードで検索する

例「手足口病 小児科」

 

2.検索で出たサイトを確認し、情報を得る

例「皮膚科ってワードも出てる!どっちに行けばいいんだろう。」

 

3.認知したキーワードで再度情報収集のために検索する

例「手足口病皮膚科小児科どっち」

 

そこで、できるだけお医者さんの書いた記事を確認します。

その方が情報の信頼度が高いからです。

 

自分の子供のためなら、

信頼できる情報源から情報を得たいと考えるのは、

普通の感情ですよね。

 

小児科もホームページ制作をするべき

沖縄でホームページ制作をして集患する方法(小児科編)6

ホームページには、検索サイトには載っていない情報や、

口コミなどを掲載し、ブランド力を高めるという価値もあります。

 

実際そうすることで、デジタル時代を生き抜いていくことができます。

 

ちなみに最近では、『wix』や『ペライチ』という、

無料でホームページ制作ができるツールがあります。

 

これらのツールを使用して、

ホームページを制作することもできます。

 

この2つのツールに関してはこちらの記事で比較していますので、

ご覧下さい。

ホームページ制作ツール(wixとペライチの比較)

 

ブランディングが重要

 

ホームページ制作で忘れてはいけないのは、

ブランディングを行い、洗い出した『強み』を、

ホームページに強く打ち出すことです。

 

自分の小児科のイメージカラーはなんですか?

どんな先生がいますか?

看護師はどんな人がいますか?

どんな診療を得意としますか?

 

これらをよく考えて、ホームページ制作にあたりましょう。

 

ここを意識して制作すると、

小児科のイメージがブレブレなサイトになってしまうことを、

防ぐことができ、上手にブランディングを活用できます。

 

症状事例や回復事例を効果的に用いる

 

そして小児科の場合はさらに、

『情報を提供する』ということが重要になってきます。

 

小児科に関する情報を求めているユーザーに、

自分の小児科を見つけてもらうためには、

ロングテールキーワードで上位に表示される必要があります。

 

ホームページのブログに、

実際の症状事例や回復事例を記事にしていくとよいです。

 

先ほども考えたように、

検索ユーザーはお医者さんや医療関係者の書いた記事を、

参考にしたいと考えるからです。

 

ここで重要なことは、1記事1テーマということです。

1つの記事に情報をあれもこれも詰め込むと、

読んでいる人はプチパニックになります。

 

たとえば手足口病の記事に、

マイコプラズマのことやコロナウイルスの話が出てきたら、

「自分の知りたい情報以外の情報が多すぎて疲れる」

と感じてしまうでしょう。

 

わかりやすいように、1記事1テーマです。

 

その際に、狙いたいキーワードをタイトルに入れ、

本文中にも不自然ではない程度に入れていきます。

 

手足口病・小児科・皮膚科について書きたいのなら、

 

タイトル「手足口病は小児科と皮膚科どっちにかかるべき?当院の症例を紹介」

 

などにするとよいでしょう。

 

このように、ロングテールキーワードを取り入れたブログの記事が多くなると、

それだけ検索に引っ掛かり上位表示される可能性も大きくなるので、

検索ユーザーの目に留まる可能性が高まり、

親からの信頼を得ることができます。

 

周辺検索にも対応する

沖縄でホームページ制作をして集患する方法(小児科編)7

先ほども見たように、「小児科 那覇市」で検索する人もいました。

このように、近くの小児科を知りたいという検索ユーザーもたくさんいる。

ということです。

 

その場合は、MEO対策をすることで上位表示を狙うことができます。

 

MEO対策を行うには、Googleマイビジネスというツールを使用します。

 

詳しくは、こちらをご確認ください。

 

沖縄で商売するならMEOが重要な理由とは?

Googleマイビジネスの開設方法

『Googleマイビジネス』インサイトの見方

 

MEO対策と、

ホームページ制作しブログでロングテールキーワードを狙った記事を作成する。

 

この対策ができれば、検索ユーザーである親の目に留まり、

印象付けることができるので、かかりつけ医になれる可能性が広がりますね。

 

まとめ 

今回は、沖縄の小児科がホームページ制作を行うべき理由と、

その方法について考えました。

 

しかし、ここまでの作業をお医者さんが行うのは難しいと思われます。

キーワードを考えた記事をブログにするだけならまだしも、

ホームページ自体を制作するのは、おそらく時間が足りなさすぎます。

 

さらに、無料のホームページ制作ツールを使用しても、

「なんか言いたいことが伝わらない」

「なんか見辛い」

「安っぽく見える」

というお悩みもよく聞かれます。

 

診療に力を注ぐためにも、

本業以外のお仕事は、他に頼っていただきたいと思います。

 

弊社ブランドバディーズでは、

 

初期費用なしで月額5500円からホームページを持てるプランをご用意しております。

 

Beeデジタル!

 

さらに、50万〜200万円ほどで力を入れたホームページを制作するプランなど、

様々なサービスを展開中です。

 

是非お気軽にご相談下さい。 

 

Related Articles

沖縄でホームページ制作をして集客する方法(外壁塗装編)

( 1 min read )

Tags: ブランディング, マーケティング

沖縄の会社がホームページ制作をして集客する方法とは?(自動車整備業編)

( 1 min read )

Tags: ブランディング, マーケティング

沖縄でホームページ制作をして集患する方法(眼科編)

( 1 min read )

Tags: ブランディング, マーケティング

ジャーニーマップをダウンロード!

オンラインとオフラインでメディア戦略を立てるときにご利用ください。