Less than a minute read

商談を成功に導く3つの認知方法とコミュニケーションスタイル

Hiroki Teruya By Hiroki Teruya
商談を成功に導く3つの認知方法とコミュニケーションスタイル
商談を成功に導く3つの認知方法とコミュニケーションスタイル
2:35

こんにちは、照屋です。商談を成功させるためには、相手の認知方法を理解し、それに応じてコミュニケーションスタイルを変えることが重要です。この記事では、視覚型、聴覚型、触覚型の3つの認知方法について説明し、それぞれに適した商談のコツを紹介します。Podcast では音声による解説をしています。

 

1. 視覚型(ビジュアルタイプ)

視覚型の人は、見た目や映像を通じて情報を理解することが得意です。このタイプの人は、頭の中で映像を思い浮かべながら話を理解します。そのため、資料やグラフ、ビジュアルエイドを用いると効果的です。

01_商談における相手の認知方法とは?

  • 特徴

    • 早口で話すことが多い
    • 時系列で物事を考えるのが得意
    • ビジョナリーな経営者が多い

  • 商談のコツ

    • プレゼン資料に画像や図表を多用する
    • 話をする際に具体的なビジョンを描く
    • 時系列での説明を心がける
 
2. 聴覚型(オーディトリータイプ)

聴覚型の人は、耳で情報を理解することが得意です。このタイプの人は、論理的で質問が鋭く、口数は少なめです。

02_商談における相手の認知方法とは?

  • 特徴

    • ロジカルな思考
    • 少ない口数で的確な質問をする
    • ゆっくりと聞く姿勢を持つ

  • 商談のコツ

    • 論理的な説明を心がける
    • 質問に対して明確かつ簡潔に答える
    • ゆっくりと話すことで理解を深める

3. 触覚型(キネスティックタイプ)

触覚型の人は、経験や触覚を通じて情報を理解します。職人タイプが多く、具体的な経験談や実例を通じて理解するのが得意です。

03_商談における相手の認知方法とは?

  • 特徴

    • 実際に触れたり、経験したりすることで理解する
    • 職人肌の人が多い
    • 具体的な話が理解しやすい

  • 商談のコツ

    • 実例や体験談を多く取り入れる
    • 実際に手に取って触れるデモンストレーションを行う
    • 質問に対して具体的な回答を心がける

まとめ

商談を成功に導くためには、相手の認知方法を理解し、それに応じたコミュニケーションスタイルを採用することが重要です。視覚型、聴覚型、触覚型の3つの認知方法に基づいて商談を進めることで、相手の理解を深め、商談の成功率を高めることができます。ぜひ、これらのポイントを実践し、あなたの商談力を向上させてください。

BrandBuddyzでは、ソリューション営業を学習できるオンラインスクールを提供しています。ご興味ある方はこちらからどうぞ。

記事をご覧いただいた方に対して、クーポンコードを進呈します。

「5555」です。

Related Articles

リモートワーク環境でも成果が出るチームコミュニケーション方法

( 1 min read )

Tags: DX

リモートワークを円滑にするために必要なポイント・考え方とは?

( 1 min read )

ARCSモデルを活用してZoom商談で成約率をアップする方法

( 1 min read )

Tags: DX

ジャーニーマップをダウンロード!

オンラインとオフラインでメディア戦略を立てるときにご利用ください。