Less than a minute read

即戦力に変えるオンボーディングの進め方〜中小企業DX〜

Hiroki Teruya By Hiroki Teruya
即戦力に変えるオンボーディングの進め方〜中小企業DX〜
即戦力に変えるオンボーディングの進め方〜中小企業DX〜
5:08

「オンボーディング」という言葉をご存知でしょうか?私がこの言葉を初めて知ったのは約5年前、HubSpotのパートナーになった時でした。

HubSpotのパートナー担当者に「オンボーディング始めます」と言われて、「オンボーディングって何だろう?」と思いました。

オンボーディングとは、新しいメンバーが組織にスムーズに適応し、即戦力になるようサポートする一連の取り組みのことを指します。特に日本では、新入社員研修や組織化といった形で実施されることが多いです。

この言葉の語源は、船や飛行機に乗客や乗組員が安全に乗り込み、必要な情報を提供されるプロセスを指していました。近年では、この概念が組織の新しいメンバーの受け入れにも応用され、人事用語として広く使われるようになりました。

特にSaaS系、クラウド系のサービスを提供しているカスタマーサクセスのチームがよくオンボーディングを行います。

新しいクラウドツールを導入しても、その使い方がよくわからない場合がありますよね。操作方法だけでなく、実際にツールを浸透させるために伴走支援をすることが、SaaS系の企業で一般的です。

このブログ記事はポッドキャストを記事化したものです。音声配信もぜひお聞きください。

 

なぜオンボーディングが重要なのか?

では、なぜオンボーディングが注目されるようになったのでしょうか?まず、グローバル化と多様化が進んでいることが挙げられます。

異なる文化背景を持つ人材が増える中で、組織にスムーズに適応させる重要性が高まっています。また、労働人口が減少し、優秀な人材を獲得し定着させるための競争が激化しています。優秀な人材を採用しても、定着しなければ意味がありません。ここで、オンボーディングが役立ちます。

また、テクノロジーの発展も大きなポイントです。以前はアナログで行っていたOJTや交流会、飲み会などが、デジタルで行えるようになりました。

オンボーディングに必要なツールも充実しており、月額数千円から数万円で利用できるツールが増えています。これが、オンボーディングの普及を後押ししています。

特にIT業界やコンサルティング業界、製造業のグローバル企業では、人材の流動性が高いため、早期の戦力化が求められます。

オンボーディングの実践例

私の会社「BrandBuddyz」では、オンボーディングの取り組みを早くから行っています。最初は1人で始めた会社でしたが、案件が増えて人材が必要になりました。しかし、払える給料も限られており、未経験者でも良いから人を募集することにしました。

indeedの無料枠で週1回1時間からOK、出勤不要という条件で募集したところ、1日で20人がエントリーしてくれました。全国各地からの応募者と面談し、リモートワークの課題に直面することを想定しながら進めました。

まず行ったのは、動画をたくさん作ることでした。例えば、クラウドのタイムカードの使い方や、業務の進め方を画面キャプチャーで説明しました。これにより、新入社員は自分のペースで学べるようになりました。

社内教育用の動画を作成するDXオンボーディング

タスク管理ツールも活用し、タスクごとに必要なスキルや知識を動画で学べるようにしました。

オンボーディングタスク管理ツール

オンボーディングの進め方

では、具体的にオンボーディングを進めるためのステップを紹介します。

1.入社前準備
オリエンテーションを実施し、会社のビジョンやミッションを共有します。

オンボーディングにはE-learnigがかかせない

2.eラーニングの活用
オンライン教材を提供し、新入社員が自分のペースで学べる環境を整えます。

Thinkificを活用した社内教育|オンボーディングDX

3.タスク管理ツールの導入
業務に必要なタスクを可視化し、進捗状況を管理します。

Jootoを活用したタスク管理

4.定期的なフィードバック
双方向のフィードバックを行い、新入社員の成長をサポートします。

5.コミュニケーションの強化
チャットやビデオ会議を活用し、コミュニケーションを密に取ります。

スクリーンショット 2024-06-05 5.03.32

このようにして、オンボーディングを効果的に進めることで、新入社員が早期に戦力化し、企業の成長に貢献できるようになります。オンボーディングの重要性を理解し、具体的な手法を取り入れることで、企業の競争力を高めましょう。

今日はオンボーディングの進め方についてお話ししました。これからもリモートワークやグローバル化が進む中で、オンボーディングはますます重要になります。ぜひ、この記事を参考にして、自社でオンボーディングを進めてみてください。以上、照屋でした。次回もお楽しみに!

Related Articles

成長曲線(Sカーブ)を活用した中小企業向けWeb戦略の考え方

( Less than a minute read )

Tags: ブランディング, マーケティング, wix, HubSpot, DX

デジタル・トランスフォーメーション(DX)は変態だ!

( 1 min read )

Tags: ブランディング, DX

オンボーディングに必要なスキルとは?中小企業DX戦略

( Less than a minute read )

Tags: DX

ジャーニーマップをダウンロード!

オンラインとオフラインでメディア戦略を立てるときにご利用ください。