1 min read

オンライン講座をTeachableで作ろう!知っておきたい特徴・事例・活用シーンまとめ

Airi Shiroma By Airi Shiroma
オンライン講座をTeachableで作ろう!知っておきたい特徴・事例・活用シーンまとめ

 

最近ではコロナの影響もあり、オンライン講座(オンラインスクール)を始めたり、また始めようとしている方が増えているようです。

そこで、多くの講師の注目を集めているのが「Teachable」というツール。

今日は、数多くあるオンラインスクールプラットフォームの中でも利用者が多く、簡単に作れるTeachableというツールついてお話ししていきたいと思います。

 

Teachableとは?

 

Teachableトップページ

参照:Teachable

Teachableとは、ThinkificやKajabiのような、簡単にオンラインスクール(講座)が作れるプラットフォームです。

パソコン、タブレット、スマホからアクセスが可能で、iOSでもアプリをダウンロードできるので、パソコンがないスマホユーザーにとっても便利です。

世界各地で、約100,000人ほどのクリエイターたちが、Teachableを用いて知識やスキルを多くの人々に共有しています。

“Easily create an online courses or coaching business with our powerful yet simple all in one platform.”

参照:Teachable

とサイトにも記載されていますが、”強力でシンプルなオールインワンプラットフォームで簡単にオンラインコース・コーチングビジネスを立ち上げられる” とあるように簡単でシンプルなところがポイントのようです。

 

特徴・機能

 

特徴や機能については、4つの観点から見ていきましょう。

  1. カスタマイズ機能
  2. 学習ツール
  3. 収益化
  4. ホスティングとセキュリティー

 

1. カスタマイズ機能

オンライン講座をTeachableで作ろう!知っておきたい特徴・事例・活用シーンまとめ

参照:Teachable

カスタマイズ面では、できるだけ簡単に使っていただけるように工夫しているのが一つのポイントです。

例えば、カスタムドメインで自分のウェブサイトを簡単にTeachableにリンクできたり、柔軟なエディターページを使うことで、豪華で収益性の高いページを作ることができます。

簡単に作れるのも良いポイントですが、HTMLでコーディングもできるので、プログラミングが得意な方は、より柔軟にページやデザインをカスタマイズできます。

ダッシュボードを用いて、生徒のインサイトや売上の追跡ができたり、チームメンバーをプラットフォームに招待して、それぞれに権限や役割をカスタマイズすることもできます。

 

2. 学習ツール

オンライン講座をTeachableで作ろう!知っておきたい特徴・事例・活用シーンまとめ

参照:Teachable

「自分が生徒であれば、こんな方法で教えられたい」という生徒観点な学習ツールです。

例えば、有料プランであれば、無制限のビデオ、コース、コーチングサービスなど無制限でオンラインコースを提供できます。

生徒と生で話すことができる通話ホスティングや一対一・グループホスティングなど、また便利なタスク機能もあります。

CalendlyやZoomとの統合により、予約から取り込み、スケジューリングから講習までスムーズにシームレスで行うこともできます。

生徒がもらって嬉しい、クイズやコース修了証明書など作成したり、生徒へのフィードバックやアンケートもあるので、生徒の直接的な声が聞けてサポートがしやすい環境作りができます。

また、タスク管理を便利にできるZapierなどのツールと簡単に統合できます。

 

3. 収益化

オンライン講座をTeachableで作ろう!知っておきたい特徴・事例・活用シーンまとめ

参照:Teachable

クーポンやサブスクリプション、メンバーシップ、一括払い、バンドルなど様々な価格オプションがあり、130以上の通貨で国際決済を受け入れています。

また、PayPalとモバイルペイにも対応しているので、グローバルな活動ができます。

支払いのステップが1ステップだけというのも、シンプルでユーザーに優しいです。

 

4. ホスティングとセキュリティー

オンライン講座をTeachableで作ろう!知っておきたい特徴・事例・活用シーンまとめ

参照:Teachable

データを保護するシームレスなホスティングだけでなく、年中無休24時間体制の監視機能により、システム停止が避けられます。

また、SSL証明書により、ログイン時とチェックアウト時に生徒の情報をしっかり保護できます。

Teachableについてわかりやすく説明した動画もご覧ください。(英語)

 

 

活用シーン・事例

 

水彩画

講師のアンジェラさんは、YouTubeで多くのファンを得た後、Teachableで会員制のオンラインコースを開きました。

無料のコースから有料コースまであり、また月間ディスクリプションで受講できるコースも用意しています。

 

アクリルアート 

講師のデビーさんは、アーティスト兼ブロガーで、アクリルアーティストのグループを運営している1人でもあります。

彼女のオンラインカリキュラムコースは、47ドルで参加することができ、機材を道具についてのコースから絵を仕上げるコースまであります。

また、アクリルアートをする際に、起こりえるトラブル対処法をまとめたコースや販売方法まで教えてくれるコースがあり、生徒さんにはとても嬉しい情報がビッシリつまっています。

 

ケーキデコレーション

講師のダーリンは、最初の子供を妊娠したときにケーキデコレーションに魅了され、親戚からケーキの簡単なレシピやデコレーションについて教わったことから始まり、そこから本や道具などを集めて独学で勉強したそうです。

ケーキに興味があり、アイディアやインスピレーション、情報を探している他のユーザーと繋がるために、今のホームページ/オンラインコースを作成したとのこと。

彼女のオンラインコースでは、花の作り方や木のデザインのケーキを作ったりと様々なコースがあり、内容により値段が変わったりします。

 

ここまでいくつか事例を出しましたが、皆さんもお気づきかと思いますが、とても見やすいページという印象受けませんでしたか?

見やすい、わかりやすいページだけでなく、興味深いコースの内容で見る人の興味を引き出しますよね。

 

レビューなどを見ていると、全く違う国からオンラインコースを受講したりして、とてもグローバルです。

例えば、日本の着付けやアート、料理など、海外で人気な日本の文化を、翻訳字幕を付けたりしてオンラインコースでまとめるのも面白いかもしれませんね。

 

料金プラン
 
Teachable料金

参照:Teachable

Teachableには、3つのプランがありますが、無料・有料に関係なく含まれている機能が下記。

無制限のビデオ 無制限のコース
無制限のホスティング 統合された支払い処理
生徒の管理 レクチャー(講義)コメント
基本的なクイズ 無料コースは無料

 

ーベーシックプラン(月額39ドル/年間払いで月29ドル)ー

無制限の生徒 5%の取引手数料
コース製品 コーチ製品
メンバー限定コミュニティ 即時支払い
管理者ユーザー2人 製品サポート
コース作成者の訓練(トレーニング) カスタムドメインのサポート
クーポンコード ドリップコース
他ツールと統合(Facebook、Google Analystics、Sumo、Segment、Mailchamp、Convert Kit、Zapier) 統合メールマーケティング

 

ープロプラン(月額119ドル/年間払いで月99ドル)ー

ベーシックプランに加えて…

取引手数料なし 管理者ユーザー5人
優先サポート 採点されたクイズ
統合されたアフィリエイトマーケティング ブランディンされていないページ
コース修了証 コースコンプライアンス
詳細レポート  

 

ービジネスプラン(月額299ドル/年間払いで月249ドル)ー

プロプランに加えて…

管理者ユーザー20人 手動による生徒のインポート
学生の大量登録 ユーザーの役割をカスタム
テーマのカスタマイズ グループコーチングコール

 

無料プラン、有料プランをもっとわかりやすく一つの表で見たい方は、こちらから

※プランを選ぶ際に、少し注意したいのが、取引手数料。

有料のベーシックプランは、取引手数料が5%で、それ以外は取引手数料無料です。

 

まとめ

 

とても簡単にオンラインコースが作れるTeachableについて取り上げましたが、あなたも早速オンラインスクールを始めたくなったのではないでしょうか?

今世界中で、自分の自由な時間が増えたからこそ、オンラインスクールを通して世界にあなたのスキル・情報を発信する良いタイミングです。

無料から試せるコースもあるので、一度試してみるのもおすすめです。

また、有料コースでは、作成方法のサポートなどついているのでそちらを活用してもいいかもしれませんね。

 

今回は、オンラインスクールを簡単に作れるTeachableについて取り上げましたが、別のツールThinkificについて取り上げた記事もありますので、興味がある方は、こちらもご覧ください。

また、ThinkificとTeachableを比較した記事は、こちらから

 

 

Related Articles

オンラインの最先端を行く「spatial.chat(スペチャ)」って何?使い方・特徴まとめ!

( 1 min read )

Tags: SNS

オンラインスクールを簡単に作れるThinkific!特徴や事例まとめ!

( 1 min read )

Tags: 動画, ブランディング, マーケティング, テレワーク

「Thinkific vs. Teachable」オンライン講座プラットフォームを比較してみた!どちらがおすすめ?

( 1 min read )

Tags: 動画, ブランディング, マーケティング, テレワーク

ジャーニーマップをダウンロード!

オンラインとオフラインでメディア戦略を立てるときにご利用ください。