Less than a minute read

中小企業が広告を出す前に考えるべきことはオウンドメディアの充実

Hiroki Teruya By Hiroki Teruya
中小企業が広告を出す前に考えるべきことはオウンドメディアの充実
中小企業が広告を出す前に考えるべきことはオウンドメディアの充実
4:39

おはようございます、照屋です。沖縄は暑くて、朝からセミがシャンシャンシャンと鳴いていて、夏真っ盛りですね。もう7月が始まりましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?2024年も後半戦に突入し、あっという間に過ぎていきますね。私たちも撮影やサイトの納品ラッシュで慌ただしい日々が続きますが、皆さんはどうですか?

今日は「中小企業は広告を出しちゃダメ」というテーマでお話ししたいと思います。実際には「広告を出すタイミングが重要」ということですが、その理由について詳しく説明します。

この記事は2024年の7月1日にPodcastにて配信した音声内容を記事化したものになります。Podcastも併せてお聞きください。

 

トリプルメディアの考え方

まず、集客を考える際に知っておくべき「トリプルメディア」についてお話しします。トリプルメディアとは、次の3つのメディアのことを指します。

  1. ペイドメディア (Paid Media): 広告費を払って露出を得るメディアです。インターネット広告、新聞広告、テレビCM、雑誌広告、ラジオCMなどがこれに該当します。
  2. アーンドメディア (Earned Media): SNS上のシェアや口コミ情報など、自分でコントロールできないが、第三者からの信頼を得る形で露出するメディアです。
  3. オウンドメディア (Owned Media): 自分で所有するメディアで、Webサイト、ブログ記事、ランディングページ、会社のパンフレットやチラシなどが該当します。

広告を出す前にオウンドメディアを充実させる理由

特に中小企業にとって、インターネット集客においてオウンドメディアは非常に重要です。なぜならば、ペイドメディア(広告)は予算をかければ露出を得ることができますが、予算がなくなれば露出も止まります。一方、オウンドメディアは一度コンテンツを作成すれば、その内容次第で長期間にわたり集客し続けることができます。

例えば、先月公開した商工会でのChatGPTセミナーの内容をブログ記事にしたところ、わずか1ヶ月で「ChatGPT セミナー 音声入力」や「ChatGPT セミナー 沖縄」といったキーワードで検索結果の上位を獲得しました。

ChatGPTセミナー音声入力

ChatGPTセミナー沖縄

また、先週の金曜日には「ChatGPTセミナーを検討したい」という問い合わせが自社のウェブサイトから入りました。このように、コンテンツが資産として積み上がり、ドメイン自体のパワーが増していくのです。

広告出稿の前にすべきこと

では、中小企業が広告を出す前に具体的に何をすべきかを見ていきましょう。

1. オウンドメディアの整備

まず、自社のWebサイトやブログ記事を充実させることです。これはSEO対策としても重要です。あなたの企業が提供するサービスや製品に関連する情報を積極的に発信しましょう。

2. コンテンツの質を高める

次に、コンテンツの質を高めることです。読み手が価値を感じる情報を提供することで、自然とサイトへの訪問者が増えます。どんな情報がターゲットにとって価値があるかを考え、具体的なコンテンツを作成しましょう。

3. 長期的な視点を持つ

広告は一時的な露出を得るための手段ですが、オウンドメディアは長期的な資産です。短期的な効果を求めず、継続的にコンテンツを充実させていくことが重要です。

まとめ

中小企業が広告を出す前に考えるべきことは、オウンドメディアの充実です。広告に予算をかける前に、自社のWebサイトやブログ記事を整備し、コンテンツの質を高めることで、長期的な集客効果を得ることができます。これにより、予算がなくても安定した集客が可能になります。

皆さんも、まずはオウンドメディアに力を入れてみませんか?

オウンドメディアに関連する記事

Related Articles

オウンドメディアマーケティングを成功させるには?【前半】

( Less than a minute read )

Tags: マーケティング

ホームページとオウンドメディアの違いとは?

( Less than a minute read )

Tags: ブランディング, マーケティング

オウンドメディア成功事例(製造業)

( Less than a minute read )

Tags: マーケティング

ジャーニーマップをダウンロード!

オンラインとオフラインでメディア戦略を立てるときにご利用ください。