1 min read

【ECサイトとは?】作り方は?プラットフォーム比較!

Narumi Kyan By Narumi Kyan
【ECサイトとは?】作り方は?プラットフォーム比較!

 

ECサイトとはなんでしょうか?ECサイトを構築できるツールはたくさんありますが、その特徴を理解し、目的とニーズに合ったECサイトを作り戦略的に戦うことで、結果を出すことが出来ます。

 

今回は、代表的なECサイト構築ツールの機能や価格の比較と、結果を出すECサイトの作り方と戦略についてまとめていきます。

 

ECサイトとは?

 

そもそも『ECサイト』ってなんでしょうか。

 

ECサイトとは、商品やサービスの販売を目的として、インターネット上に構築する独自運営のウェブサイトのことです。

 

EC: electronic commerceの略。

 

商品やサービスを販売するならわざわざウェブサイトを作る必要があるのかと思う方ももしかしたらいらっしゃるかもしれませんが、今やECサイトが占める割合はとても大きくなっています。

【ECサイトとは?】作り方は?プラットフォーム比較!1引用元:2019年のEC化率は6.76%、ネット通販市場規模は19兆円

 

このグラフからもわかるように、EC市場は右肩上がりに増加しているので、自社の新しいビジネスとして EC サイトを導入しようとしている企業は、大企業から中小企業に至るまでさまざまです。

 

さらに、この増加を後押ししたのは新型コロナウイルスだとも言えるでしょう。その影響もあり、政府は非対面型ビジネスモデルへの転換を推奨しています。

 

この非対面型ビジネスモデルは、小規模事業者持続化補助金制度の項目となっているので、聞いたことあるという方もいるかもしれません。沖縄の多くの中小企業も、この補助金を活用されたと思います。

 

小規模事業者持続化補助金については、こちらの記事でまとめていますのでご覧ください 。

 

ECサイトを導入するには、まずプラットフォームを用意する必要があります。

 

プラットフォーム比較

 

プラットフォームには様々な種類があります。代表的なプラットフォームをひとつずつ見ていきましょう。

 

Shopify

【ECサイトとは?】作り方は?プラットフォーム比較!2引用元:shopify

 

Shopifyは、世界中の1,000,000件を超えるビジネスをサポートするECサイトプラットフォームを提供する会社です。

SNS連携、SEO対策、グローバル販売などをすべて簡単に管理でき、ショップを使いやすいものに出来ます。

 

また、70種類を超えるテーマが用意されています。なんとこのテーマは、Happy Cog、ClearleftおよびPixel Unionなど、世界的に有名なデザイナーが作成しているとのことです。

 

【ECサイトとは?】作り方は?プラットフォーム比較!3

引用元:shopifyテーマ

 

実際に EC サイトを作ってみると分かりますが、構成やデザインを考えるのには思いのほか時間がかかります。できるだけ早くサイトを立ち上げたい方や、工数をかけたくない方は特にテーマを利用できるというのは嬉しいポイントですよね。

 

その他、このような機能がついてます。

 

【 ストアフロント】

  • オンラインストアのブランディングとカスタマイズ
  • HTMLとCSSの編集
  • 独自ドメイン

【ショッピングカート】

  • 無料SSL証明書
  • カゴ落ちのリカバリー
  • 100種類の決済サービス
  • 自動課税
  • 多言語に対応

【ストアマネジメント】

  • 返金
  • 顧客グループ
  • 外出先から管理する
  • メールテンプレート

【マーケティング&SEO】

  • 検索エンジンの最適化
  • Google広告クレジット
  • 商品レビュー
  • 割引管理
  • Facebookで販売する
  • ソーシャルメディア統合

【商品管理】

  • 在庫管理
  • 商品バリエーション
  • インポート/エクスポート
  • 商品構成
  • 無制限の商品登録数
  • SEO商品タグ

etc…

たくさんの機能がついていますね。では、料金を見てみましょう。

 

ベーシック

月額料金 米ドル29ドル

小規模な事業者様や個人ストアにおすすめ

 

スタンダード

月額料金 米ドル79ドル

中規模の事業者様や売上が増えてきた方におすすめ

 

プレミアム

月額料金 米ドル299ドル

大規模なチームを持ちの事業者様にお勧め

 

料金はこのようになっています。それぞれのプランで使える機能が異なってきますので、詳しくは公式サイトでご確認ください。

 

Base

引用元:Base公式youtube

 

BaseはテレビCMも展開しているので、知っているという方は多いのではないでしょうか。

 

日本企業ということもあり、英語がわからないという方や、個人で初めてECサイトを立ち上げるという方にもとても良いツールだと思います。

 

実際、110万ショップものオーナーズから選ばれています。

 

【ECサイトとは?】作り方は?プラットフォーム比較!4

引用元:Baseテーマ

 

Baseにもたくさんのテーマが用意されています。自分の商品や日本人の好みに合ったテーマを見つけることができるでしょう。

 

【ECサイトとは?】作り方は?プラットフォーム比較!5

引用元:Base拡張機能

Baseには様々な拡張機能があります。

 

アプリならショップと連携しているので、ショップに追加するとアプリを利用しているファンに通知が届きます。

 

また、インスタグラムのショップナウ機能と連携することにより、インスタグラムの利用者にもアピール出来ます。

 

ショップ開設にあたって、月額費用・初期費用はかかりません。

 

かかる費用は、購入が成立した際のBASEかんたん決済手数料やサービス利用料、

振込申請を行う際の振込手数料・事務手数料となっています。

 

始め方が簡単なので、初心者に易しいプラットフォームですね。

 

Wix store

【ECサイトとは?】作り方は?プラットフォーム比較!6引用元:Wix store

Wix storeを使用すると、本格ネットショップを作成してECビジネスを拡大する一歩を踏み出せます。

 

HTMLコードの知識が全くない方でも、デザインと機能をドラックアンドドロップで自由にカスタマイズすることができるので、誰でも簡単にECサイトを持つことが出来ます。

 

実際に私もWixでECサイトを作成したことがありますが、こんなに簡単にサイトができるのか!と驚きました。

 

引用元:Wix公式youtube

 

決済方法は、クレジットカード、コンビニ決済、Pay-easy(ペイジー)などが用意されています。また、Facebook や Instagram を通じたネット販売などもできて、多彩な機能でビジネスの成長をサポートしてくれます。

 

そして嬉しいのが、売上やお客様に関するデータをダッシュボードから詳しく分析できるという点です。サポート機能を追加し、お客様からの質問に回答して見込み客を満足させることにより、見込み客をファンにすることが可能です。また、スマホから対応することもできるので、忙しくて近くにPCがない時でも対応ができるのは、とてもありがたいですよね。

 

Wocomerse

【ECサイトとは?】作り方は?プラットフォーム比較!7

引用元:wordpress.org

Wocomerseは、WordPress を利用している人におすすめなプラグインです。世界で一番利用されてるECシステムということで、信頼性が高いと言えます。

 

WordPressで制作されたサイトに、WooCommerceをインストールすると、ネットショップにすることができるという優れものです。

 

【ECサイトとは?】作り方は?プラットフォーム比較!8引用元:wordpress.org

 

単純なネットショップから、会員サイト、予約販売サイト、マーケットプレイスまで幅広いネットショップを構築することが可能となっています。

 

WooCommerceはオープンソースのプラグインなので利用自体は無料です。イニシャルコストも、ランニングコストも必要ありません。

 

しかし、ECサイトを構築するためにドメイン、SSL証明書、サーバーなどの費用が発生します。

 

Eccube

【ECサイトとは?】作り方は?プラットフォーム比較!9

引用元:Eccube

 

EC-CUBEは、「オープンソース」のEC構築システムで、2006年にリリースされました。それ以降多くのファンを獲得しています。

 

オープンソース(ダウンロード版)がベースの初期設定・メンテナンスフリーのツールとなっています。また、すぐにショップを始めることができるec-cube.co(クラウド版)も用意されています。

 

800種以上のプラグインがあるので、機能が足りなくなっても安心です。プラグインはストアから追加出来ます。

 

【ECサイトとは?】作り方は?プラットフォーム比較!10

引用元:Eccubeデモサイト

 

デモサイトを通して実際の操作感を試すことができるので、是非活用してください。決定する前のユーザーへの配慮があるのは、とても嬉しいですよね。

 

EC-CUBEは無料で始めることができ、無料の範囲でも使用できる機能が充実しています。

 

【無料機能の一例】

  • 税率対応
  • 複数お届け先
  • マルチデバイス
  • 帳票出力
  • デザイン管理
  • 管理者登録
  • 売上げ集計
  • メルマガ配信
  • TOP
  • おすすめ商品特設ページ
  • ご購入の前に
  • ショップページ
  • 会社概要
  • 特定商取引
  • プライバシーポリシー
  • ブログ
  • よくある質問
  • お問い合わせ

 

カラーミー

【ECサイトとは?】作り方は?プラットフォーム比較!11

引用元:COLOR ME

 

COLOR MEは、「どれだけ売れても低コスト」「売れるための機能が充実」「万全のサポート体制」この3つを掲げています。

 

高い販売手数料や出店料で利益の残りにくいツールとは違って、月額費用は低価格、販売手数料0円、決済手数料も割安なので、少ない費用でECサイトを運営出来ます。ショップの売上規模が大きくなっても大丈夫です。

 

また、デザインにこだわりたい方にもおすすめです。SNS・ブログ連携、スタイルに応じた機能追加などができるので、WEB戦略的にも強いと言えます。

 

メール・電話・セミナーを用意しているようなので、初めてのECショップ開店でも安心です。

 

【ECサイトとは?】作り方は?プラットフォーム比較!12

引用元:COLOR MEテンプレート

 

テンプレートも充実しており、本格的なECサイトというイメージを持たせることが出来ます。

 

ECサイトの作り方と戦略

 

ECサイトの代表的なプラットフォームをいくつか見てきましたが、利用してみたいツールは見つかりましたでしょうか?

 

ここからは、具体的なECサイトの作り方と戦略について考えていきます。

 

使用するプラットフォームが決まったら、ショップの中身を構成していきます。ただショップを開設して商品を並べただけでは、戦略的なECサイトにはなりません。

 

具体的に作った方が良いと感じているページをまとめてみました。

 

  • TOP
  • おすすめ商品特設ページ
  • ご購入の前に
  • ショップページ
  • 会社概要
  • 特定商取引
  • プライバシーポリシー
  • ブログ
  • よくある質問
  • お問い合わせ

 

ご購入の前に

【ECサイトとは?】作り方は?プラットフォーム比較!14

「ご購入の前に」のページは、ネットショッピングに慣れていないユーザーに向けてのページになります。具体的な購入までの流れを説明します。

 

ブログ

「ブログ」には、ショップを利用してくださった方や、見込み客に向けて記事を載せていきます。ユーザーの目線に立って、「どのような情報を共有したら親切か?」ということを考えて作成します。

 

このような記事をコンスタントに作成していくことで、Gooogleから「ある分野に特化したサイトだ」という評価を受けやすくなり、SEO対策にもなります。

 

よくある質問

「よくある質問」は、ユーザーに問合せの手間を取らせないように作成しますが、べつの利点もあります。ユーザーからのお問い合わせを最小限にする効果です。

 

商品の製造や事務作業、そのほか多くの作業の間に問合せに対応するのは大変ですよね。しかし、よくある質問ページを作成し、ユーザーがお問い合わせフォームを送信する前に「よくある質問」を見るよう誘導することで、大半のお問い合わせがなくなります。

 

沖縄に最適な商品を売ろう

 

【ECサイトとは?】作り方は?プラットフォーム比較!15

あなたが売りたい商品は、地域ブランドがありますか?もしあるなら、とても強いです。例えば沖縄なら、黒糖・塩・シークァーサー・紅型・ちんすこう・琉球ガラスなど、ネットショップで売ったら人気が出そうですよね。

 

コロナの影響で旅行にいっても、人が少ないところにしか行けない状況です。

 

そんな時期だからこそ、さらにECサイトが力を発揮します。

 

ネットで検索されているキーワードを調べることで、売る商品を検討することも出来ます。さらに、自分の商品のニーズがあるかも調べることが出来ます。

 

先ほどのキーワードを調べてみました。1ヶ月の間に検索された回数です。

 

沖縄 黒糖 1,600回

沖縄 塩 1,600回

沖縄 シークァーサー 1,000回

沖縄 紅型 1,300回

沖縄 ちんすこう 1,300回

沖縄 琉球ガラス 1,300回

 

使用ツール:Ubersuggest

 

これだけの需要があります。大きなビジネスチャンスを感じますよね。

 

徹底的なリサーチが必要

 

【ECサイトとは?】作り方は?プラットフォーム比較!13

 

コロナが落ち着いても、今のうちに力を持ったECサイトに育てておけば、コンスタントな売り上げにつながったり、ほかのビジネスにつなげることも出来ます。

 

力を持ったECサイトにするには、どうしたら良いでしょうか。それには、先ほどのようなキーワード調査、そして「敵を知り、自分を知る」ことが必要です。

 

周りを徹底的にリサーチし市場を理解することで、どのように戦ったら良いか戦略を立てることが出来ます。

 

まとめ

今回は、代表的なECサイトプラットフォームと、結果を出すサイトの作り方と戦略について考察しました。

 

個人で初めてのECサイトを作る方や、企業の新規事業開発担当者の方は、いろんなECサイトプラットフォームがあるため、どこを選べば良いか迷うかもしれません。

 

この記事で紹介したプラットフォームをよく調べ、ぴったりなプラットフォームを選んでくださいね。この記事が少しでもお役にたてれば嬉しいです。

 

しかし考えたように、サイトを構築しただけでは、まだ足りません。

 

私たちBrandBuddyzは、WEB戦略に特化したマーケティング技術で、多数の実績を持っています。沖縄のキーワードのマーケット調査も行っています。

 

さらに、先ほど紹介したWixStoreを活用して、企業のビジネスをお手伝いしております。お力になります。是非お問い合わせください。

 

お問い合わせはこちらから。

お問い合わせ

Related Articles

ホームページ制作ツール(wixとペライチの比較)  

( 1 min read )

Tags: ブランディング, マーケティング

採用サイトの事例10選!

( 1 min read )

Tags: ブランディング

「Thinkific vs. Teachable」オンライン講座プラットフォームを比較してみた!どちらがおすすめ?

( 1 min read )

Tags: 動画, ブランディング, マーケティング, テレワーク

ジャーニーマップをダウンロード!

オンラインとオフラインでメディア戦略を立てるときにご利用ください。