Less than a minute read

沖縄をビジネスのテストマーケティングの最強な場所と捉える理由

Hiroki Teruya By Hiroki Teruya
沖縄をビジネスのテストマーケティングの最強な場所と捉える理由
沖縄をビジネスのテストマーケティングの最強な場所と捉える理由
4:22

今日は私が沖縄をどのように捉えているのかについてお話ししたいと思います。皆さん、沖縄にどんなイメージを持っていますか?リゾート地、観光地、琉球王国としての独自の文化など、様々なイメージがあると思います。

私自身、沖縄を結論から言うと、テストマーケティングとして最高の場所だと捉えています。何か商品やサービスをリリースする際には、ある程度のテストマーケティングが必要ですよね。

皆さん、このマーケティング施策が良いか悪いかをどうやって判断していますか?大規模に展開する前に、まずは一定のエリアで試してみるのが一般的です。

このブログ記事は2024年7月8日にポッドキャストにて配信した音声を記事化したものになります。 Podcastも合わせてお聞きください。

 

多くの場合、日本国内では政令指定都市などでテストマーケティングを行うことが多いですが、沖縄はその特性から非常に効果的な場所となります。沖縄は島国であり、さらにその島が一つの小さな国のようにコンパクトにまとまっているため、情報の伝達とコントロールが非常にしやすいのです。

僕はもともと広告代理店にいた人間ですが、沖縄の媒体、いわゆる「4媒体」と呼ばれるものは限られています。具体的には、新聞は2社(沖縄タイムスと琉球新報)、ラジオはFM沖縄、ROK、RBCなど3社、コミュニティ放送局は小規模なものがいくつかあります。そして、テレビ局はOTV、RBC、QAB、NHKと限られています。

このように、メディアが限られているため、メディアに取り上げられると情報伝達のスピードが非常に速く、効果的にマーケティングを行うことができます。皆さんも、この点に注目してみてはいかがでしょうか?

さらに、観光客の存在も無視できません。コロナ禍以前の2019年までは、年間1000万人を超える観光客が訪れ、インバウンド(外国人観光客)も200万人、300万人以上が来ていました。これだけの人々が訪れる場所というのは、マーケティングの舞台として非常に魅力的ですよね。

では、具体的にどのように沖縄をテストマーケティングに活用できるのでしょうか?例えば、地元の沖縄県民、日本国内の他の地域からの移住者、在沖米軍人とその家族、さらには観光客という多様なターゲット層に対して、一斉にマーケティングメッセージを届けることができます。

この多様なターゲット層に対して、どのメッセージが最も効果的かをテストするのに、沖縄は最適なのです。

例えば、ある新しい飲料をリリースしたいとします。沖縄の限られたメディアを活用し、地元の新聞やラジオで広告を打ち、観光地でサンプリングイベントを行うことで、どのターゲット層に対してどのメッセージが響くかを迅速にテストすることができます。

こうしたテストを通じて得られたデータを元に、全国展開やさらに広範なマーケティング戦略を練り直すことができるのです。

皆さんも、沖縄をテストマーケティングの場として考えてみてはいかがでしょうか?何か新しい商品やサービスをリリースする際には、まずは沖縄でテストしてみることで、効果的なマーケティング戦略を構築する手助けになるはずです。

最後に、沖縄をテストマーケティングの最強な場所とするためのポイントをまとめます。限られたメディアを活用することで情報伝達が速い、多様なターゲット層にリーチできる、観光客が多く市場の反応を迅速に得られるという点が挙げられます。

ぜひ、次回のマーケティング戦略の一環として、沖縄を検討してみてください。皆さんのビジネスがさらに成長するきっかけになることを願っています。

Related Articles

【考察】沖縄は観光モノづくりリサーチエリアになれるのでは?

( 1 min read )

Tags: ブランディング, マーケティング

マーケッターは「天の時、地の利、人の和」の3つのピースが揃うように存在する

( 1 min read )

Tags: ブランディング, マーケティング

インバウンドマーケティングを沖縄そばで考えてみる

( 1 min read )

Tags: マーケティング

ジャーニーマップをダウンロード!

オンラインとオフラインでメディア戦略を立てるときにご利用ください。