1 min read

【2022年】Thinkificの最新機能アップデートをご紹介!(新料金プランも)

Airi Shiroma By Airi Shiroma
【2022年】Thinkificの最新機能アップデートをご紹介!(新料金プランも)

Thinkificのアカウント開設がまだの方は下記から!

※すでにアカウントをお持ちの方は、再度新しいアカウントを登録する必要があります。

\有料スタートプラン1ヶ月無料特典付き/

アカウントを開設する

<Thinkificオンラインレッスンを作りたい方向けの無料セミナー動画>

2021年11月12日に開催されたオンラインレッスンを作りたい方向けの「Thinkific × Brandbuddyz 無料ウェブセミナー」のアーカイブ動画を下記のボタンから視聴できます。

無料セミナーのアーカイブ動画を視聴する

-------------------------------

 

オンライン学習ツールで人気を集めている「Thinkific」ですが、2022年に多くの機能がアップデートされており、より使いやすく、充実しています。

定期的にアップデートされ、よりパワフルになっているThinkificですが、英語での情報が多いため、最新情報の詳細がよくわからない方も多いかと思います。

今回は、2022年にアップデート発表された機能・アプリ等をいくつかご紹介していきたいと思います。

 

最新機能の情報は一部、こちらの動画を翻訳・要約して記事に載せていますので、英語がわかる方は、ぜひこちらの動画もご覧ください♪

 

料金プラン

 

機能のアップデート以外にも、料金の改訂がありましたので、新料金・対応機能についても少しご紹介したいと思います。

Image from Gyazo

 

以前は、無料・ベーシック・プロ・プレミアというプランがありましたが、現在は、無料・Start(スタート)・Grow(グロー)・Expand(エクスパンド)というプラン名になりました。

無制限の生徒と決済手数料0%に関しましては、全てのプランに共通して適用されます。

各プランの対応機能等は下記のようになります。

 

・無料プラン

 

-1コース

-1コミュニティ

-管理者権限1人まで

-メール・チャットボットによるサポート

100%コンテンツの所有権 ドラッグ&ドロップによるコース構築
使いやすいウェブサイトの複数スタイル 完全に統合されたeコマース
アプリストア コースのクイズとアンケート
Thinkific Academy 基礎コース  

 

・Startプラン($99/月額 年払いした場合$74/月額)

 

-無制限コース

-1コミュニティ

-管理者権限1人まで

-メール・ライブチャットによるサポート

無料プラン全ての機能 独自ドメイン
クーポン/割引 割り当て(Assignment)
バンドルとアドオンパッケージ メンバーシップ&支払いプラン
ライブレッスン アフィリエイトの販売
高度なコース構築のオプション ウェブサイトをコーディングで編集
Thinkfiic Academy上級クラス  

 

・Growプラン($199/月額 年払いした場合$149/月額)

 

-無制限コース

-3コミュニティ

-管理者権限2人まで

-電話・優先メールによるサポート

Startプラン全ての機能 Thinkificブランディングの削除
生徒への一括メール送信機能 一括登録
APIアクセス  

 

・Expandプラン($499/月額 年払いした場合$374/月額)

 

-無制限コース

-10コミュニティ

-管理者権限5人まで

-電話による優先サポート

Growプラン全ての機能 カスタムSSL証明書
優先的なサポート  

 

※プランの内容は今後更新される可能性がございますので、Thinkfiicの公式HPから最新の情報をご確認ください。

 

最新機能

 

2022年に発表された最新機能で、最も多かったのがコミュニティー機能のアップデートです。

Thinkificは、コミュニティーに関する動画などを多くアップされており、多くのクリエイターたちにコミュニティーを活用していただけるために役立つ情報を発信しています。

まず、今年1番アップデートが頻繁にされた「コミュニティ」機能について取り上げます。

その次に、支払い(Thinkific Payment)とアプリについて取り上げていきます。

 

・コミュニティ(Community)

 

-プロフィールのカスタマイズとメンション

 

コミュニティに参加されている方は、プロフィールのカスタマイズができるようになりました!写真や自分の情報を載せて他の生徒さんがあなた自身についてより知ることができます。

Image from Gyazo

また、メンション機能が導入されたので、コメントや投稿などで指定の生徒をメンションしてやりとりすることができます。特定のユーザーと直接個人的にやりとりすることも可能なため、お互いよく知り合える場を作ることができます。

Image from Gyazo

 

-ライブイベントを開催

 

コミュニティーに参加している生徒さんをより盛り上げることができるのが、イベントですが、今回のアップデートでオンラインイベントの開催が可能になりました!

Image from Gyazo

 

コミュニティー内のイベントから作成することができ、講義、ワークショップ、Q&A、コーチングなどコミュニティーに参加されている生徒さんに応じてイベントをいくつも開催することができます。

イベントの詳細、zoomのリンク、日付、サムネイル等を入力して公開するだけでとても簡単にイベントのアナウンスを行うことができます。

※ライブイベントは、zoom以外の他のビデオ会議ソフトを利用できます。

 

イベントを作成する際に、リンクの入力が必要になるので、ご使用されているビデオ会議のリンクを入力ください。

Image from Gyazo

 

今後、ライブイベントに関する機能は、アップデートされていく予定だそうなので、楽しみに待ちたいものですね♪

 

-ウェブでの通知

 

コミュニティ内でメンションされてたり、自分の投稿にコメントされると、通知がされます。

メールのみの通知だけでなく、ウェブ上で通知を確認することができるので、コミュニティー内での動きを見逃すことがありません!

イメージとしては、Facebookページのようです。

Image from Gyazo

 

通知される内容は下記のようになります。

-生徒さんがコミュニティーに参加した時

-あなたやメンバーが投稿にメンションされた時

-自分やメンバーの投稿にコメントがされた時

-あなたやメンバーのコメントに返信された時



-コースとコミュニティーの接続

 

コミュニティーは、生徒がコースで学んだことを活用してシェアしたりできる環境ですが、コースとコミュニティーの接続により、生徒は、コースからコミュニティーに簡単に移動することができます。

コースを受講する方は、すぐ質問や学んだことをシェアできる環境へ飛べるため、より多くの生徒をコミュニティーへの参加を促すことができます。

このアップデートにより、コースとコミュニティーは別の学習体験ツールというイメージを持たせるのではなく、「コースとコミュニティーはセット」というイメージを持たせることができます。



・支払い(Thinkific Payment)

 

※現在、Thinkific Paymentという支払い方法は、日本でご利用できませんが、今後多くの国で対応可能にする予定のため、参考までにお読み下さい。

今回のアップデートで、支払いの受け入れ・払い戻しの処理がダッシュボード内で簡単に確認・処理ができるようになりました!

一つのページで簡潔に支払い処理を行えるので、サイト管理者の手間と混乱を避けることができます。

 

-チェックアウト画面(支払い)

 

コースを購入する際のチェックアウト画面(支払い)が新しくなりました!

一つのページで支払い情報の入力等を行えるため、生徒さんの入力等の負担を減らせます。

最初にコースの支払いをし、その後にアカウントの設定をする流れになっているため、必要な情報だけの入力を求めることができ、ユーザーの離脱を避けることができます。

リピーターの方には、クレジットカードの情報が自動入力されるため、とてもスムーズに支払いを行えます。

 

- Order Bumps機能(オーダーバンプス)

 

Order Bumps機能(オーダーバンプス)とは、チェックアウトページ(支払い)に追加で商品を表示させて、ワンクリックするだけで、商品を追加・購入することができる機能です。

例えば、基礎コースを購入する方に、1時間コーチングやワークブックをチェックアウトページで表示させることで、購入を促すことができます。

「10 Baggers Stocks」という会社は、Order Bumps機能(オーダーバンプス)を利用してから2週間で1600ドルを稼ぎ出したようで、とても効果を実感しているようです!

すごく効果がある機能なので、ぜひ活用してみたいものですね♪



・アプリ

 

Thinkificのアプリストアは定期的に多くのアプリが追加されていますが、今年追加された中でもとても注目されているアプリをご紹介します。

 

-Bonjoro

 

Bonjoroとは、動画メールなどを送信できるツールで、Thinkificと統合されているため、生徒さんへ送るメールを動画メールにし、コースへの参加を促したり、また購入された方に向けて感謝・応援メッセージを送ることができます。

Bonjoroにについての動画はこちら



-ThingLink

 

ThingLinkは、インタラクティブなレッスンを作成する上で役に立つツールです。

ゲーム感覚で生徒さんをレッスンにガイドして面白感覚でコースを楽しんでもらうにはとてもぴったりです。

ThingLinkにについての動画はこちら



-DialogForm

 

チャットボットスタイルのレッスンをコースプレイヤーに埋め込むことができるツールです。

チャット式なので、実際に先生とコミュニケーションをとっているかのような体験ができます。

 

DialogFormについてのはこちら

 

まとめ

 

ここまでで、2022年にアップデートされた最新機能についてご紹介してきました。

記事で紹介した機能以外にも、ダッシュボードがより直感的に使いやすいように更新されたり、管理者・生徒両者が使用しやすく、オンラインスクールを盛り上げる機能が増えました。

できるだけスクール管理者の負担を減らしながらも、生徒がよりコースを楽しく受講できるように常に機能が更新されるのはとても嬉しいですよね!



弊社ブランドバディーズは、Thinkificの公式パートナーに認定されています。

企業のオンライン化サポート・オンラインスクール立ち上げ・Webサイト作成などのご相談を受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせ

 

今回の記事以外にも、Thinkificの特徴まとめやThinkific日本語解説ガイド(日本語マニュアル)、事例紹介まとめなどの記事もありますので、ぜひ参考までにご覧ください。

 

・Thinkificの特徴まとめ 

・事例紹介 

日本語解説ガイド 

Thinkificのアカウント開設がまだの方は下記から!

※すでにアカウントをお持ちの方は、再度新しいアカウントを登録する必要があります。

\有料スタートプラン1ヶ月無料特典付き/

アカウントを開設する

 

Related Articles

オンラインスクールを簡単に作れるThinkific!特徴や事例まとめ!

( 1 min read )

Tags: 動画, ブランディング, マーケティング, テレワーク, thinkific

「Thinkific vs. Teachable」オンライン講座プラットフォームを比較してみた!どちらがおすすめ?

( 1 min read )

Tags: 動画, ブランディング, マーケティング, テレワーク, thinkific

【Photoshop CC 2021新機能】空を置き換えなど!使い方をご紹介!

( 1 min read )

Tags: ブランディング, マーケティング

ジャーニーマップをダウンロード!

オンラインとオフラインでメディア戦略を立てるときにご利用ください。