1 min read

【2024年】Thinkificの最新情報!今年のオンライン学習トレンドとは?おすすめの機能とは?

Airi Shiroma By Airi Shiroma
【2024年】Thinkificの最新情報!今年のオンライン学習トレンドとは?おすすめの機能とは?

こんにちは!

オンラインスクールのプラットフォームである「Thinkific」ですが、2024年に入り、「Online learing trends report 2024」をリリースしました。

調査結果に基づいてThinkificが出した2024年のオンライン学習トレンドのレポートです。

約2,500人以上のアメリカ人とエキスパートクリエイターからのアンケート調査結果を元に作成したものとのことで、多くの講師・クリエイターの中で話題になっています。

 

今年のレポートで特に強調されている学習トレンドが5つあり、それぞれをこの記事で取り上げていきたいと思います。

毎年、テクノロジーや経済、人の傾向は変わってくるものですが、このレポート結果を参考にすることで、受講生により効果的にアプローチすることができるので、ぜひ最後までお読みください!

 

このブログ記事は、Thinkificのこちらの記事を翻訳・追記した内容になります。(英語の記事)

動画もありますので、ぜひご覧ください。

 

2024年注目したい5つの学習トレンド


①AIは、オンライン学習の邪魔をしているのではなく、講師・クリエイターの生産性や効率を向上させている

AIは人間の仕事を全て奪うのではないか、と考える人もおり、オンライン学習の邪魔になるのでは、と思うかもしれませんが、実際は、講師・クリエイターのメリットに繋がるものです。

多くの人は、匿名の情報源をフォローしたり、そこから知識を得たりすることを躊躇するようです。

それより、ユニークな情報や才能、人の情熱さに惹かれるため、講師やクリエイターの存在はとても重要です。

全てAIで解決・完結しようとすると、多くの人の関心や興味を引くことは難しいかもしれませんが、AIを導入することで、講師・クリエイターの生産性や効率をあげることができ、収益性の高いビジネスへと成長することができます。

AIに全て任せるのではなく、AIを使いこなしていくことで、他と大きな差をつけることができます。

 

調査結果によると、53%の人が仕事でAIを使用中、または使用を検討しているとのことです。


②ダウンロード可能コンテンツは、講師・クリエイターの収益化への最短ルート

 

実際のところ、新人/経験豊富な講師・クリエイターも、デジタル製品の販売で収益を上げています。

デジタル製品、ダウンロード可能コンテンツの利点は、実際に手元にないとしても、すぐに作成することです。

また、受講生やフォロワーは、ちょっとした教育に喜んで課金する傾向があります。

 

調査結果によると、48%の人が既にフォローしている講師・クリエイターからダウンロード可能なコンテンツを購入済み、もしくは購入する意向があるようです。

 

③全てのプラットフォームが学習プラットフォームになる

 

Youtube、ポッドキャスト、TikTokなどのチャンネル全ては、受講生を増やすために役立つプラットフォームです。

型破りな方法に多くの人は、惹かれるものです。

今後、様々なチャンネル(SNS等)を活用してあなたのオンライン学習を受講してもらうようにユニークなコンテンツを発信していきましょう!

 

調査結果によると、18〜25歳の47%が学習にTikTokを利用しているようです。


④プライベートコミュニティは、SNS疲れから開放される空間

 

インターネットがかなり憂鬱だと感じる方は多いかと思いますが、ポジティブな面もあります。

人々は、学び、他の人と繋がるための安全な場所として、プライベートなチャットやコミュニティを求めています。

受講生同士が、本当に心から繋がる場所(オンラインスペース)を提供することはとても効果的です。

 

調査結果によると、69%の人が、SNSには5年前よりもネガティブなコンテンツが増えていると感じているようです。

 

⑤講師・クリエイター業界は、もはや若者だけでない

 

平均的な講師・クリエイターの年齢層は、多くの人が思っている以上に高いようです。

多くの人は、年々、エンターテイナーよりも、人生経験と専門知識を持つ教育者を求めています。

オンライン学習ツールもより使いやすくなってきていることから、2024年も成功を目指した年齢層高めの講師・クリエイターがさらに増える見込みです。

 

調査結果によると、41〜56歳のほぼ1人(19.2%)が、自分自身をデジタルクリエイターだと考えているようで、昨年に比べて16%増加しています。

 

今後のThinkificの活用方法

 

いくつか2024年オンライン学習トレンドを取り上げましたが、どのThinkificの機能を活用してトレンドを取り入れ、またビジネスの向上に繋げることができるのか、紹介していきたいと思います。

 

・AIを活用して問題解決へと繋げる(Funnel機能)

 

Thinkificには、Funnel(ファネル)機能が新しく追加されていますが、ファネル機能は、AIを活用して効果的な販売プロセスを作成できるツールです。

訪問者に合わせていくつかのファネルを設定し、自動化プロセスを作ることができます。

見込み客を増やすことや初めての販売、売り上げを伸ばしたいなど、課題に関係なく、ビジネスを成長させるのにとても役立ちます。

 

ファネルのテンプレート:

ファネルのテンプレートには、無料レッスンファネル、無料ダウンロードファネル、販売ページファネルと分かれており、それぞれ設定することができます。

Image from Gyazo

Thinkificファネルについて

Thinkificファネルの機能以外でも、コースのAIジェネレーターという機能もとても便利です。コースの概要(チャプターとレッスン)を細かく自動的に生成してくれる機能です。

この機能については、ブログ記事があるので、ぜひ参考までにご覧ください!

ThinkificのAIを使ってコースを作成⁉︎ 使い方や感想を解説!

 

・デジタル製品を通じた収益化(The leap機能)

 

リープ機能は、AI機能とツールを使用して数分で短いデジタル製品をモバイル用に作成できる機能です。

インスタグラムストーリーを見ているかのように学習できるのが特徴的です。

AIがどのようなコンテンツを作成したらいいのか推奨してくれて、テンプレートに沿って作成できるので、簡単にデジタル製品を作成でき、商品を販売することができます。

また、モバイルに特化しているため、今の時代のトレンドにはとてもぴったりな機能です。

The leapについての動画もありますので、ぜひご覧ください。

 

The leapについて

 

・プライベートコミュニティーで受講生同士が繋がる場所を提供

 

コミュニティーの機能を活用して、トピックに分かれたコミュニティスペースやトレンドの投稿、ライブイベントの場所を共有し合える場を作れます。

コミュニティーの場は、単に受講生同士が繋がる場所としてだけでなく、お互いから学べる場としても活用できます。

会員限定のコンテンツを提供するなどして、安定した収入源を確保できます。

コミュニティーについて

 

・Thinkific Acceleratorを通してサポートを受ける

 

Thinkific Acceleratorは、オンラインコースを作成し、販売する上でのサポートが必要な方にぴったりのシステムです。

8週間のプログラムで、Thinkific専門家からのコーチングや学習セッション、同じ考えや問題にぶつかっているクリエイター同士のコミュニティーにアクセスしたりできます。

Thinkific Acceleratorについて

※こちらのサービスは、英語のみになります。

 

まとめ

 

ここまでで、Thinkificが2024年に発表したオンライン学習のトレンドについて簡単に紹介しました。

今回のThinkificの調査結果は、アメリカ・カナダを中心にしたものなので、日本にはちょっと当てはまらない?と感じた方もいるかと思いますが、これはいずれ、日本でもトレンドになる可能性は非常に高いです。

このレポート結果を元に、Thinkificの新機能やツールを使用して、他と大きな差をつけられるのではないかと思います。

ぜひ、このレポートを参考に、ご自身のオンラインスクールの立ち上げに活用していただければ幸いです!

 

このブログ記事は、Thinkificのこちらの記事を翻訳・追記した内容になります。(英語の記事)

動画もありますので、ぜひご覧ください。

 

<関連記事>

Thinkificの使い方!日本語解説ガイド(作成方法〜公開方法)

ThinkificのAIを使ってコースを作成⁉︎ 使い方や感想を解説!

弊社ブランドバディーズは、Thinkificの公式パートナーに認定されています。

今まで、様々なビジネススタイルのお客様のオンラインスクールの立ち上げを支援してきました。

「Thinkificの導入で迷っている」、「本当に自社のビジネススタイルはThinkificに合うのか?」、「初期設定だけ依頼したい」など、ぜひお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

オンラインコースを作るためのオンラインコースもやってます!

Udemy版(ショートVer)

▼【Thinkificの使い方】Thinkificの無料プランでオンラインコースをつくろう!

https://www.udemy.com/course/thinkific-v/

Thinkific版

▼Thinkific社共同セミナーアーカイブ

https://brandbuddyz.thinkific.com/courses/202111-12

THINKIFICでオンラインコースをつくろう!

▼使い方を徹底解説!無料プランでコンテンツを作って販売しよう。【完全マスターガイド】

https://brandbuddyz.thinkific.com/courses/thinkific-2

オンラインスクール-2

Thinkificをまだ試したことがない方は、下記のリンクからThinkificでアカウントを作成すると、Start(スタート)かGrow(グロー)プランが無料で1ヶ月お試しができますので、ぜひお試しください。

アカウントを開設する

 

Related Articles

オンラインで高い収益⁉ ︎2024年に売れるデジタルコンテンツTOP5!

( 1 min read )

Tags: wix, thinkific

Thinkificの隠れコースとプライベートコースとは?機能や設定方法について解説!

( 1 min read )

Tags: thinkific

【念願の機能】遂にThinkificモバイルアプリがリリース!利用するべき理由・メリットや使い方について

( 1 min read )

Tags: thinkific

ジャーニーマップをダウンロード!

オンラインとオフラインでメディア戦略を立てるときにご利用ください。