1 min read

ECサイトはshopifyとWixストアどっちがいい?比較してみた。

Asane By Asane
ECサイトはshopifyとWixストアどっちがいい?比較してみた。

ECサイトで、商品・サービスを販売したい場合、ShopifyとWixストアどちらがいいのか?

結論は、小〜中規模の、公式サイトしても活用したいなら、Wixストア、小〜大規模で運営、また、海外展開を視野に入れているならShopifyがおすすめです。

Shopify・Wixストアという名前は聞いたことはあるけど、実際にどのようなサービスで何が違うのか分からない!という方も多いと思います。

そのような方向けに、Shopify・Wixストアの違いを、理由とともに説明していきます。

 

Wixストアとは?

 

無料でサイトを制作できる、Wixについては聞いたことある人もいると思いますが、Wixにはオンラインで商品を販売できるWixストアがあります。

Wixとは、2003年にイスラエルにて創設され、世界で2億人以上に利用されているホームページ作成サービスになります。お店や会社のホームページも作成でき、さらに、Wixストアを利用することでネットショップ作成ができるようになります。

プログラミングのコードを書かずに、ドラックアンドドロップでサイトが作成できるので、初心者にもおすすめなサービスになります。

詳しくは、こちらのWixストアとは?料金・特徴・決済方法を解説!(ネットショップ始めたい方必見!)を確認ください。

Wix:https://ja.wix.com/ecommerce/netshop

 

Shopifyとは?

 

ホームページ・ネットショップを作成できるWixとは違い、ネットショップ作成に特化しているのがShopifyになります。

Shopifyは、2004年にカナダで設立され、世界175カ国の170万以上の店舗で利用されている、世界で最大級のシェアを誇るECサイト作成サービスになります。

Shopifyも、プログラミングのコードを書かずに、サイトが作成できるので、初心者にもおすすめなサービスになります。

Shopify:https://www.shopify.jp/

ここからは、ShopifyとWixストアの両方を比較しながら詳しく見ていきたいと思います。

比較内容は下記5つになります。

1、月額プラン料金

2、利用できる決済方法の種類

3、テンプレート数

4、デザインのしやすさ

5、モバイル対応

 

1、月額プラン料金

 

Wixストアの料金

 

ビジネス

ビジネスブラス

ビズネスVIP

23ドル

(約2500円)

27ドル

(約3000円)

49ドル

(約5400円)



ビジネスプランとビジネスプランの違いは4つあります

・データ容量が20GB→35GBになる

・動画アップロードが5時間→10時間になる

・Wixロゴメーカー(Wixのプラットフォーム内で簡単にロゴを作成できるツール)が使える

・SNS用ロゴ作成できる

 

ビジネスプラスとビジネスVIPの違いも4つあります。

・データ容量が35GB→50GBになる

・動画の無制限アップロード

・プレミア優先サポート

・VIPサポート対象

ビジネスプラン23ドルとリーズナブルで、ビジネスプランでも初めてECサイトを運営するには十分な機能が揃っています。

 

公式Wixストア料金表:https://ja.wix.com/upgrade/website

 

Shopifyストアの料金

 

ペーシック

スタンダード

プレミアム

29ドル

(約3200円)

79ドル

(約8700円)

299ドル

(約33,000円)

 

ベーシックプランとスタンダードプランの違いは

・スタッフアカウント(サイト制作・運営へアクセスできる)人数2人→5人

・クレジットカード手数料 3.4〜4.15% → 3.3%〜4.1%

・海外ドメイン利用可能になる

・プロフェッショナルレポートが受け取れる

 

スタンダードプランとプレミアムプランの違いは

・スタッフアカウント(サイト制作・運営へアクセスできる)人数5人→15人

・クレジットカード手数料 3.3%〜4.1% → 3.25%〜4.05%

・国別に価格を設定できる

になります。

複数人でサイトを管理・運営できるだけでなく、海外向けの販売機能も充実しており、さらにプレミアムプランだと数十人の人と一緒に作業できるようになるため、素早いサービス提供が可能になります!

公式Shopify料金表:https://www.shopify.jp/pricing

 

Wixストア(ビジネスプラン:2500円)とShopify(ベーシックプラン:3200円)を比べてみた

 

共通内容

・ECサイト/ブログ機能が使える

・無制限の商品登録

・かご落ち対策メール

・割引クーポン

・メルマガ機能

・SNSチャンネルで販売

・日本語サポート

 

Shopifyストア独自の機能

・複数通貨、言語での販売

 

最安値プラン同士を比較してみると、少しShopifyの方が値段が高い分、複数言語や通貨で販売ができ、海外からのお客様にも対応できるようになっています。

 

2、利用できる決済方法の種類

 

ここでは、サイト内に組み込める決済方法の種類を比較してみます。

Wixストア

・クレジットカード決済

・Paypal

・コンビニ/銀行払い

・PayPal決済

・Alipay(Stripeによる決済代行)

・Pay-easy(法人のみ利用可能)

・現地支払い、アプリ支払い

 

Shopify

・クレジットカード決済

・Paypal

・コンビニ/銀行払い

・Google Pay

・Apple Pay

・Amazon Pay

・携帯キャリア決済

・ビットコイン

 

比べてみると、Shopifyの方が多くの決済方法を提供していますね。Google Pay、Apple Pay、Amazon Payやビットコインなどデジタルマネーを充実させたい場合はShopifyの方が有効です。

しかし、クレジットカード決済、コンビニ決済、銀行振り込みという主要の決済手段は両方で対応しているので、特別多くの決済方法を準備したい場合以外、Wixストア・Shopifyどちらでも大差はないかと思います。

 

3、テンプレート数

 

Wixストア

120種類以上のネットショップテンプレートを無料で提供しています。

 

Shopify

公式のもので100種類程度、非公式のものを含むと1000種類以上のテーマが用意されています。※Shopifyではテンプレートのことを「テーマ」と表現します。

しかし、無料で利用できるテーマは9つしかなく、公式サイトで販売されているテーマは平均180ドルになります。

デザインされた、多機能のサイトを作成したい場合はテーマを購入してサイトをおすすめします。



4、デザインのしやすさ

 

ここではWixストア、Shopify、それぞれでのサイトのデザインのしやすさについてです。

個人的には、柔軟なサイト設計・細部までこだわりを重視するならWixストア、こだわりは特にないけどデザイン性の高いサイトを作成したいなら、Shopifyの有料テーマをおすすめします。

 

ボタン一つをとっても、Wixストアでは、ドラックアンドドロップで好きな大きさ、形、色合いをカスタマイズでき、好きな場所にボタンを設置するとができます。

Shopifyだと、ボタンを色合いは変更できても、ボタンの位置やボタンの大きさ・形を細かく調整することはできません。また、利用しているテーマによって、何ができて何ができないか、などが違ってきます。例えば、スマホ版とPC版でそれぞれ違う画像を表示する機能など、テーマによってできたりできなかったりする場合があります。

 

Shopifyだと決まっている型にタイトルや説明文、写真を入れ込んでいくとテーマに沿って自動でサイトができていくイメージなのに対して、Wixストアだと文字や写真の大きさアニメーションなど細かく自分好みに設定できます。

 

また、Wixストアは写真ギャラリーやスライドショー、各種フォームなど元々用意されているコンテンツが豊富です。それらを利用しながらテンプレートを利用することで、たくさんの時間をかけることなく、柔軟にサイトを作成することができます。

 

こだわりを出したいならWixストア、ある程度自動でサイトを作成したいならShopifyがおすすめです。Shopifyでテーマを購入する場合は、お試しで実際にテーマを触ることができるので、いくつか試して機能を比較して購入するといいかもしれません。

また、ホームページにオンラインショップ機能(ECサイト)を持たせたいならWIxストアがおすすめです。

通常は、公式ホームページ、オンラインショップは別でつくりますが、ホームページの中にオンラインショップ機能を持たせたいという方にはWixストアがおすすめです。



5、モバイル対応

 

今となっては、必須となっているモバイル対応ですが、Wixストア、Shopifyともに対応しています。

PC版で作成したデザインをもとに、自動でモバイル対応をしてくれます。

しかし、Wixストアだとスマホ版でも細かく文字の大きさ、カラー、位置調整ができるのに対し、Shopifyではそのような変更はできません。上でも述べたように、ShopifyではPC版のみならずスマホ版でも細かいデザイン調整はできません。

 

まとめ

小〜中規模ビジネル用のサイトを作成したい、細部にまでこだわってデザインしたい方向けはWixストア

小〜大規模ビジネス用のサイトを作成したい、海外進出も考えている、サイトデザインはよしなにやってほしい方向けはShopifyがおすすめです。

サイトが大規模になることが見込める場合、Shopifyを利用し、ビジネスの拡大に合わせてプランを変更する。

初めてまたは小規模スタートのオンラインビジネスをする場合は、Wixストアを利用していき、海外展開・複数人でのサイト管理が必要になってきた場合にプランのアップグレード、もしくはShopifyなどのその他ECサイトサービスを視野に入れてみるのもいいかもしれません。

 

今回は、ECサイトを作成する際にShopifyかWixストアどちらの方がいいのか、について紹介しました!

サイトを作成する予算、サービス・商品の規模、デザイン性などを考慮して、自身の目的に合うサービス探しのヒントになれば幸いです!



弊社ブランドバディーズは、Wix公式パートナーとして認定されており、マーケティングやブランディングを活かしたウェブサイト・オンラインショップ制作をしております。

また、Shopifyを活用したECサイト構築のサポートも可能です。

 

人の心を動かすサイトを作りたいという方

すでにサイトを持っているけどサイトからの集客がうまくいっていない方

弊社ではネット上での競争に負けないための、人を惹きつける、戦略のあるウェブサイト・オンラインショップの制作を行なっております。

集客にお困りの方、または、ウェブサイト制作の依頼についてはお気軽にご相談ください。

 

お問い合わせ

Related Articles

「Thinkific vs. Teachable」オンライン講座プラットフォームを比較してみた!どちらがおすすめ?

( 1 min read )

Tags: 動画, ブランディング, マーケティング, テレワーク, thinkific

Wixストアとは?料金・特徴・決済方法を解説!(ネットショップ始めたい方必見!)

( 1 min read )

Tags: ブランディング, マーケティング, wix

2億人を突破のWix!イケてるWIxサイト事例10選!

( 1 min read )

Tags: ブランディング, マーケティング, テレワーク, wix

ジャーニーマップをダウンロード!

オンラインとオフラインでメディア戦略を立てるときにご利用ください。